読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠れないので

仕事 呟き
だらだらと2chを見てたんです。
無駄な過ごし方?
とんでもございませんわ!

明日に使える情報が転がってたりするんですよ?

さっきのサーフィンで田辺聖子さんという人物を知りました。
女流作家さんみたいです。

素晴らしい名言をたくさん残していますね。

その中の一つ。

不機嫌の椅子は一家に一脚しか無い。

誰かがそれに座っちゃうと周りの人はその人の機嫌を取るために右往左往するってね。

空気が変わりますよね 笑
わかります。
職場でもよくこんな場面ありますけど...
周りの人のこと考えたら不機嫌になっちゃいけないわ!

常に周りに気がいく余裕があれば不機嫌にもならないんだけどね、普通は!

余裕はどんな状況でも作りたいけど人間だから限界があるなって思った。

空気を読んでの余裕をみせてるっていうのに、
それを良しとしない人がいる。

これもいけるでしょ?じゃああんたこれもやって?ってむしろふっかけられること多いの!
これってなんなの!?
足枷になったり利用しようとするわけです。

それ以外にも単純に自分だけ見て欲しくて 構って欲しくて 不機嫌になったり わがまま言う人っているけど…。
 とてもかわいそうに思えちゃって あたしダメなのよ。
そんな方法でしか人の注目浴びれないなんて かわいそう。って。

下手くそか!って思っちゃう。

というか今多くの人が飢餓状態に見える。
愛に飢えてたり欲に飢えてたり金に飢えてたり。

便利になった世の中。
どんどん広がる様々な「格差」

他人よりいい思いをすることが幸せを感じる手段になりつつあるのはわかる。

テレビがあるのは当たり前。
じゃあ何インチのテレビがある?
その大型テレビを置けるスペースのある家を持ってる?

昔働いてた先輩のおかまさんが言ってた言葉。

誰かが上がれば誰かが下がる。
わたしは常に浮上していたい。

毎日戦いですけど、誰かを蹴落とすのではなく圧倒的に輝いていたい。
他の追随を許さないほどの。

敵わないなと思わせるには常に全力で舞台を楽しまなければ。

「知識」「技術」「コミニュケーション力」「経験値」

これは私の血となり肉となり骨になる。

うちのようなお店で働いてる以上
 「人間力を買ってもらう」わけで。
もちろん容姿を好きになってきてくれるひともいるけど、長続きはしない。
美人(?)は3日で飽きるとは上手い言葉です。

魅力がなければ 私を好きで来てくれない。
魅力は自信によって引き出される。

面白くなければ お客様は帰ってしまうし二度と来ない。

また来るねと言って常連さんになってもらいたい。
つねに最高のパフォーマンスをしたい。

二回目来てもがっかりさせないために、三回目来ても四回目来ても落胆させないように。

好きでいてくれてるという人がいるから自信がまた身につく。
好きにさせるのもテクニックが必要。
こいつ面白いな。
じゃあどこが。
根拠がなければダメ。

私はだから常に新しい情報を探す。
知識は身を助けるから。

まぁだらだら書いたけど
とりあえず田辺聖子の本買うわ 笑